本文へスキップ

http://hmt-as.com/

会長ご挨拶greeting

この度、兵庫県医師テニス協会の会長に就任することになりました仁科哲彦です。今まで東徹先生、酒井英世先生、横山和敏先生と人格もテニスの腕前も優れて兼ね備えていらっしゃる先生方が務めて来られた要職を私ごとき者に務まるのかと不安で一杯です。会員皆様の力をお借りして何かと大過無きよう務めていく所存ですのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 ご存知のように最近は会員数も年々減少してきています。何とかこの傾向を食い止めて、できれば会員の増加を図ることを一番の目標にしたいと考えています。県内の各市や区で同好の先生方が集まってテニスの練習会や試合を開催されている所が数多くあると思います。さしあたっては、できればこのような会と連絡を取りあい、県の医師会テニス部がそのまとめ役的な存在になれないかと考えています。
私自身が神戸市東灘区で開業しているため神戸市の会報等で神戸市内の状況は何かと把握できるのですが広い兵庫県のほかの地域の状況は全く不明です。できれば会員の皆様から少しでも情報を提供していただければ幸いです。また、他にも活性化のための何か良い知恵がありましたらどうぞお教え頂きたいと思います。
 さて、私自身高校生の時からテニスを始めて中断時期はあるものの、もう40年にもなります。これほど長く続けても飽きずに楽しめるのは一言でいうと中々うまくならないからです。学生時代はテニスについて何の勉強、研究もせず見よう見まねの我流で勝手気ままなテニスをしていました。開業してから全日本医師テニス大会に参加するようになって今までのやりかたではとても敵わないと気づいてからはコーチについて習ったり、テニスに関する様々な本やDVDでテニスを研究しました。そこで気になったこと、気づいたことをテニスコートで試すのが楽しみでテニスを続けていたら、アッという間に60歳目前となってしまいました。最近一番気にいったDVDは「勝者のフットワーク塾」というものです。オーストラリアのビンスバークレーテニスアカデミーという所でコーチをしていた中屋晋氏が作成したものです。非力な人でもエースを取るためにフラットで強烈なボールを打つ方法、フェデラーのような華麗なアプローチの打ち方、左右に振られてやっと届くようなボールをカウンターで返す方法、ナダルばりのバギーウイップの打ち方など、しこしこと相手のミスを待つテニスではなくいつ何時も自分からエースを取りに行くことを大前提にした内容になっています。このビデオにもっと早く出会っていたら自分のテニススタイルももっと変わったものになたのではないかと感じさせるDVDです。新しい技術への挑戦は、逆に自分のテニスが滅茶苦茶になる場合もあります。しかし、「それもまた楽しからず也」です。もし興味をもたれましたら是非一度ご覧ください。
 それでは皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 兵庫県医師テニス協会  会長  仁科 哲彦


スタッフ写真

 info.

兵庫県医師テニス協会